Visualization Laboratory

兵庫県立大学 可視化研究室 (社会情報科学部 / シミュレーション学研究科)

前へ
次へ
BOLDLY VISUALIZE WHAT NO MAN HAS VISUALIZED BEFORE

新着情報

2020-11-14
過去の資料にCAVEプログラミングの基礎を追加しました.
2020-10-29
大野が共著者のプロジェクト紹介記事がプラズマ・核融合学会誌に掲載されました.
大谷寛明,石黒静児,宮澤順一,大野暢亮,陰山聡,三浦英昭,森高外征雄,田村祐一,北澤修太,片桐孝洋,大島聡史,永井亨,沼波政倫,名倉成輝,川原慎太郎,胡昆祁,小山田耕二,後藤拓也,嘉無木昇,高丸尚教,PETROSKY Tomio,田中智, "可視化技術", プラズマ・核融合学会誌, Vol.96, No. 10, pp.627-633 (2020)
(第3章「基礎物理シミュレーション研究と可視化技術の進展」の3.2章)
2020-10-21
過去の資料にOpenDXその2(ベクトルデータの可視化)を追加しました.
2020-10-14
過去の資料にOpenDXその1(スカラデータの可視化)を追加しました.
2020-10-09
過去の資料に動画作成を追加しました.
2020-09-01
大野が共著者の論文がPlasma and Fusion Research誌に掲載されました.
A. Kageyama, N. Sakamoto, H. Miura and N. Ohno, "Interactive Exploration of the In-Situ Visualization of a Magnetohydrodynamic Simulation", Plasma and Fusion Research, Vol. 15, 1401065 (2020)
2020-08-09
核融合科学研究所の3Dモデルを公開しました.
2020-07-24
過去の資料にgnuplotの基礎その2,その3を追加しました.
2020-07-17
過去の資料にgnuplotの基礎その1を追加しました.
2020-06-04
海洋研究開発機構 横浜研究所の3Dモデルを公開しました.
2020-06-01
地球シミュレータの3Dモデルを公開しました.
2020-05-28
博士前期課程1年の学生が1名配属されました.
2020-05-11
過去の資料にPOV-Rayの基礎の基礎を追加しました.
2020-05-02
ギャラリーを新設しました.
2020-05-01
大野が共著者の論文がプラズマ・核融合学会誌に掲載されました.
陰山聡, 坂本尚久, 大野暢亮, "4次元ストリートビュー:計算機シミュレーションの新しい可視化法", プラズマ・核融合学会誌, Vol.96, No.4, pp.199‐206 (2020)
2020-04-27
雑多な記録にHPC見学を追加しました.
2020-04-21
全体的に情報を更新しました.
2020-04-16
WEBサイトを公開しました.

兵庫県立大学 可視化研究室 (大野研究室)

 兵庫県立大学 社会情報科学部 / 大学院シミュレーション学研究科の可視化研究室では, シミュレーションから出力される結果,つまり数値データの効率の良い可視化手法に関して,主に,大規模なデータの高速な可視化処理手法やデータに応じた表現法に関する研究開発を行っています.また,HMD装置を利用した交通安全に関する研究も行っている「ヴィジュアル系」(V系)の研究室です.


本研究室を希望する方へ

 本研究室では,データ可視化,最近では主にIn-Situ可視化に関する研究を行っています. 学生の皆さんも,その関連の研究をテーマに選ぶことになると思います.
 以下のような学生を歓迎します.  当研究室では,学生自身がプログラムを開発しつつ研究を進めますので, 以下のような学生は向いていないかもしれません.  初めはプログラミングや計算機,データ可視化について,日本語の論文や書籍を使って基礎的な勉強をします. その後,修士研究のテーマの大枠が決まったら,先行研究を調査しつつ最終的なテーマを決めて,研究をスタートします.
 なお,本研究室で使用する主なプログラミング言語・ライブラリは,Fortran2003,C/C++,MPI,OpenMP,OpenGLです.
 希望者する方は,出願前に連絡をください.連絡先は,E-mail: pj.ca.ogoyh-u.mis@onho (左右逆にしてください)です.

研究室のFacebook

兵庫県立大学内リンク

リンク

ページのトップへ戻る